チーム訪問

2016/12/23
昭和学院高等学校
千葉県

昭和学院 【Vol.1】 鈴木 親光 監督 コーチングフィロソフィー

数多くの有名選手を輩出し、女子高校バスケ界を牽引している関東の伝統名門校。
今回は、常に全国上位君臨するチームの魅力に迫ります。
第1弾は、鈴木 親光 監督にインタビューを行いました。


昭和学院ってどんな学校?

昭和学院高等学校は千葉県市川市にある私立の中高一貫校です。「特別進学クラス」 と「総合進学クラス」を編成。「志望大学に合わせたそれぞれのクラスで受験対策のための最適なカリキュラムの設定」や「卒業後の生き方を考えるキャリアカウンセリング」などで、一人ひとりの学力を着実に伸ばし、目標の実現へとつなげています。

昭和学院高等学校・女子バスケットボール部は言わずと知れた全国の強豪チームです。日本の女子バスケットボールのトップリーグ・WJBLで活躍する選手を多く輩出しています。有名なのは赤穂さくら(デンソーアイリス)。今年のチームはその妹である赤穂ひまわりを大黒柱に、2年の点取り屋・佐古など可能性を感じさせます。下級生が多いですが、ディフェンスからトランジションの速いバスケットボールを展開できれば、ウインターカップではおもしろい存在に。昭和学院高等学校 HP

http://www.showa-gkn.ed.jp/js/


鈴木 親光 監督

キーワード①
ゲームをコントロールするポイントガード!闘争心は常に持ってプレイしていた!!

北陸高校のときはポイントガードです。シュート力に自信がなかったので、ドライブして引きつけてパスをしたり。ゲームをコントロールするスタイルでした。闘争心は強かったと思います。卒業後、日体大の2軍でバスケを続けました。日体大に入ったら、教員になりたい気持ちは持っていたので、バスケをやりつつ、教員を目指していました。

キーワード②
いきなり強豪の昭和学院の教員に!3年以内に絶対昭和学院をつぶさないぞ!!

大学を卒業してすぐ商社系のサラリーマンを2年間やっていました。当時教員の採用がなかったこともあって。でもそのとき強豪・昭和学院の教員のチャンスが巡ってきて。本当はもっと低いレベルのチームをゼロから見たいなという思いもありましたが、せっかくのチャンスですから、そこで昭和学院高校の教員になりました。バスケ部を見るようになって、今年で24年目です。
私が昭和学院を指導するようになったとき、(経験もない新人だから)周りの人たちはきっと「3年ぐらいで駄目になるだろう」と思っていたでしょう。だから絶対そうはさせないぞという気持ちで、必死に指導していました。自分のスタイルを出すのはそれからだと。

キーワード③
Thinking and Powerは住友金属にいた千種さんにいただいた言葉!

指導を始めて4~5年経ったとき、全日本で活躍された千種信雄さん(当時住友金属の監督)の娘さんが昭和学院にやってきました。そんな縁もあり、千種さんが練習を見に来てくれたときに「このチームには頭を使うこととパワーがないな」とアドバイスをもらって。それからチームのモットーとして「Thinking and Power」という言葉を使い始めました。

キーワード④
日本を代表する赤穂ひまわり!!下級生たちが使いこなせていないのが課題

 今の昭和学院はまだ発展途上。これといった形がありません。どの形が良いのか、まだ手探り状態です。下級生が主体なので、その日その日によってプレイもちがいます。下級生たちがひまわりに頼りすぎてしまったり、遠慮して使いこなせないのが課題です。ひまわりがたいしたことない選手だったらもっと言いやすいのかもしれません(笑)でもひまわりは日本を代表する選手なので。

キーワード⑤
実力で並ばれたら負けだよ!!上級生にあぐらをかかせないように!

練習はちょっとでも自分が良いなと思ったら、いろいろなことをすぐ取り入れるようにしています。あと、選手たちを飽きさせないように、シューティングドリルやドリブル、パスは似た練習でも少しづつその場その場で変えながら工夫しています。オールコートの5対5で今日は攻めるスピードが遅いなと思ったら、ショットクロックを16秒にしてみたり、バックコートを2秒で運ばせるようにしてみたり。

経験のない子たちには敢えてより考えさせるように、遠回しな話し方をします。経験のある子たちなら理解できることでも、イメージできないと思うので。女子だから男子だからという意識は特にしていません。コートの中は厳しめに振る舞います。でも外へ出たら、普通の先生に戻ります。
「1年生は勢いだけで良いけど、上級生になったらプラスアルファが必要だぞ。下級生に実力で並ばれてしまったら、もう負けだよ。試合では下級生を使うよ」といつも選手たちには言っています。上級生たちがあぐらをかかないように。上級生は(下級生に)負けないように、下級生は追い抜いてやるぞという戦いを引き出しながら。それがチームを強くすると思います。

取材・文・写真:一柳英男


シェアはこちらから!!

ギャラリー

昭和学院高等学校のその他の記事

チーム訪問新着

トップへ戻る