2017/01/10

トップアスリートの高校時代 オリンピアン 【第2回 前編】 川上 香穂里 高校バスケ時代

全日本女子代表チーム選手リレー企画「オリンピアンの高校時代」。
オリンピックに出場した“レジェンド”たちはいったいどんな高校時代を送ってきたのか、昔を振り返っていただきました。
今の高校生プレイヤーへのメッセージも。リレー方式でつなぎます。
第2回目は、マックから指名されたサンちゃんこと川上香穂里さんがボールをキャッチしました。
高校生へのメッセージもいただきました。

川上 香穂里 (現姓・楠田)

中学で100mは13秒台の俊足

バスケットボールを始めたのは、唐瀬原中1年の時です。もともとはバレーボールをやっていました。足が早かったというのも含めて、顧問だった中島邦子先生がら直々に「(バスケットに入れば)いろいろなところにいけるよー」とか「美味しいものが食べられるよー」と言われ、ただただそういうことだけで単純に「それならやってみようかな」と思いました。
部活動の体験にはバレー部にも行きましたし、陸上部にも行きました。陸上は個人競技なので、私が入ることで出られなくなる先輩から「お前来るな」と言われました。ただ走るだけというのもな~と思ったこともあります。中学校の時に100mは13秒3、4くらいでした。一応、宮崎県児湯郡の記録として保たれていたみたいなんですが、10年くらい前に破られたそうです。
唐瀬原中の最高成績は、県大会優勝。九州大会で鮮明に覚えているのは、折尾中と一番最初に対戦した時のこと。2メンのタップ・パスでダダダッとつながれて、やられてしまいした。2対1の速攻で、私はディフェンスで真ん中にいたんですけど、「何? これはいったいなんのプレイだろう?」と。こんなのもバスケットなんだと悟りました。タップ・パスも知りませんでした。衝撃の1回戦負けです。

小林高校時代は寮生活

県大会にも出たので、目立っていたのかもしれません。私たちが高校3年の時に宮崎インターハイがあるよーと聞きました。小林高校の先生がたもそこに向けて、一緒に頑張ろうと言ってくれて、親もお世話になったらーと言ってくれたので小林に行くことを決めました
児湯郡から小林までは同じ宮崎でも車で2時間かかります。なので、小林では寮生となりました。今の現役もですが、みんな寮生です。当時は10畳くらいの部屋に8人部屋でぎゅうぎゅう。各部屋で人数は違うんですが、2段ベッドで、1人1つの机があって、トイレは2つ。当時は、寮というより1戸建てのお家でした。まず親と別に暮らすことじたいありえないなと思っていたんですが、みんな同じことをしていたし、遠かったので最初はホームシックにかかりました。けど、友だと仲良く暮らしていました。
練習して寮に帰ってご飯食べたら、毎日日誌を書きました。日誌を書いたら、赤ペンでチェックをしてもらって、また次の日の朝に出します。1人1冊のノートで、表紙には自分が目標とする四字熟語を書きます。例えば、有言実行とか。私は辞書でいろいろどう意味を調べて「勇猛果敢」にしました。
朝7時から7時45分までが朝練で、すぐに授業。朝ご飯はパンとか食べているんですけど、お腹がすくじゃないですか。だから、同級生に朝チキン南蛮弁当とか買ってきてもらって、授業が始まる前に朝弁をバーっと食べていましたよ(笑) 朝弁をするのは、みんなというわけでなく私はご飯大好きだったのでたくさん食べていました。

コートネームは“ジェット”

高校時代のコートネームは“ジェット”でした。コートネームは先輩が考えてくれてOKが出たら、先生のところに持っていって許可を下す形で毎年決められていました。私の場合は、ジェットさん(加藤貴子。富岡~シャンソン)というスーパースターにあやかってこういう選手になってほしい、と付けられました。すごいありがたかってです。
また、中学校の時は、“ターボ”でした。足が早かったので、ターボエンジンからきています。みんなからそう呼ばれていたわけではないのですが、あるコーチの方が「お前、ターボだ」と言われてからです。もう一つ、サンリオのキャラクターでみんなの“たあ坊”ってあるじゃないですか。私はたあ坊のぼーっとした雰囲気が好きでした。ダブるようで2つはまったくタイプが違う、ダブルミーニング、2つの意味で好きでした。
ジェットもジェットエンジンから、フル回転で頑張るという意味にとらえていました。実は、当時ジェットさんのことも知りませんでした。大山妙子ですら知りませんでしたからね(笑) 全国大会に行ったことはないし、だって九州大会でタップをやられてぽけーっとしているくらいですもん。バスケ専門誌の存在も、高校2年でこんなのがあるんだ、とようやく知ったくらいです。
ちなみに、共石では“サン”。これは和さん(当時の中村和雄監督)が付けたものです。私の場合は2つ候補があって、もう一つは“レブ”。フランス語で夢という意味なんですって。サンは、宮崎が太陽のサンサンと輝くというイメージ。そのもう一つのレブは細身の選手がついたので良かったのですが、もし私だったら“デブ”に聞こえるので、そっちにならなくてよかったな、とあとから思いました。 でも、後輩ができるとサンさんになってしまうのが気になっていました。金さんからはサンちゃんと呼ばれていたので、私の名前はサンちゃんさんになっていました。大先輩でアイちゃんというマネジャーさんがいました。その人もアイちゃんさんと呼ばれていましたね。

地元宮崎インターハイで選手宣誓

高3年の地元宮崎インターハイは、ベスト8でした。エース(大山妙子)率いる東亜学園にまた負けました。1年の時、仙台インターハイでも東亜に負けています。その時はベスト4に入ったのですが、高校選抜でも当たったかな。とにかくよく当たりましたね。
地元インターハイでは、選手宣誓をしました。男子と女子は同じ宮崎でも別の開催地でした。選手宣誓をすることを聞いたのは、開催の1か月前くらい。そういうことを人前でしゃべったり、やったりできる人間ではなかったので、先生はとにかく不安だったと思います。全部文章を考えてくれて、それを私だけでなくチームメイト全員に「お前らみんなで覚えろ!」と。その練習は体育館でやるのではないんです。山に登ってお寺みたいなところに行って、一人ずつ「宣誓~!」って言わされました。私のために(笑) もしも、本番で私がとちっても、誰でも言えるような状態を作ってくれていました。

実際は、緊張はしたんですが、一応言葉は出てきました。でも、「宣誓!」と言った時の声がものすごく高かったらしくて、みんなは「これはやばい! うちらが言わなきゃ」と思ったそうです。みんなの場所に帰った時、みんながほぉっとした顔をしていました。みんなのほうが緊張していたみたいです。

他高の選手たちとの交流は文通

高校1年の時に全日本ジュニアの40人合宿、今でいうU18に選ばれました。2年の時は落ちて18人に選ばれることはありませんでした。3年になってやっと15人に選ばれて、そこで大山妙子をはじめ、桜花学園の小池とかリト(真鍋かおり)たち高校女子バスケットボール界で名だたる選手たちと出会いました。仲良くなっていくと、将来どうするの? とかの話になります。3年のインターハイが終わってから、エースと2人で海に行ったんです。たまたま泊まっている所が近くて、日向灘に行きました。進路について悩んでいて、どーする、どーするとたそがれていました。結局「エースが行くのなら行く!」と話をしたことを覚えています。

当時は今の時代みたいに携帯電話がありません。みんなとの交流はもっぱら文通です。今じゃ考えられないですよね。特にエースとは彼氏かという勢いで手紙を書いていました。2週間に1回ぐらいのやりとりをしていて、寮に大山妙子と書かれた手紙が届くのがすごくうれしかったですね。エースも筆まめでした。中身はそんなたいしたことは書いてないんですけど。 何してる? とか、あまり覚えていません。バスケットの話とか、練習の話はあまり書いてなかったような。学校生活とか。こっちは宮崎の田舎だし、東京ってどうなの、とか聞いていました。

思い出の試合

高校最後の試合は、ウインターカップではなく高校選抜でした。新居浜商業といい戦いをしたことと、1年の時に名短(現在の桜花学園)と当たりました。3年生のガードとたまたまぶつかってしまいました。あまりたいしたことはないと思っていたんですが、山田かがりさん(名短附~シャンソン)がツカツカときて、「ちょっと、何してんの。危ないでしょ、気をつけて」と、すごく冷静に言われてしまいました。かがりさんに言われてしまった、ということだけしか覚えてないんですけど。かがりさん、怖いという勝手な印象がずーっとありました。

それから月日は流れて、共石に入社してナショナルチームへ。タイで開催されてアジア大会に行った時、ひざの前十字じん帯をケガしました。かがりさんも入っていて、かつてひざをケガしたことがありました。ケガをしても、普通所属チームが違えば「あっ、大丈夫?」となだめてくれるぐらい。でも、かがりさんは違いました。

別のチームなのに、ホテルの部屋に来ていろいろと話をしてくれて、一緒に泣いてくれて、私もひざやったことあるけど、こうだったよーとずっと一緒にいてくれたんです。「どうなるかわからないけど、ライバルチームではあるけれど復活してほしいよ」という話を延々と語ってくれました。

なんて、この人はいい人なんだ。高校1年のあの時はいったいなんだったんだ、と。そこからかがりさんを見る目が変わりました。

その大会に両親が見にきていて、帰った次の日にやっちゃいましたと、親にも電話しました。アジア大会だったからいろんなドクターがいて、ひざを見て首をかしげて、はい次の先生。みんな何も言ってくれなかったので不安でした。結局、次の日の便で帰りなさいと言われました。ただ、曲げるとができないので、伸ばした状態で帰らなきゃいけなくて、人生初めてビジネスクラスに乗りました。


取材・文:清水広美 / 写真:楠田香穂里提供

【第3回】 大山 妙子 (Vol.1) バスケとの出会い こちらから。

【第3回】 大山 妙子 (Vol.2) 高校進学~実業団(現WJBL) こちらから。
【第3回】 大山 妙子 (Vol.3) 日本代表入り~2度の五輪出場 こちらから。
【第3回】 大山 妙子 高校生へのメッセージ&プロフィール こちらから。
【第2回 後編】 川上 香穂里 全日本代表チーム~現在 こちらから。
【第2回】 川上 香穂里 高校生へのメッセージ&プロフィール こちらから。
【第1回 前編】 濱口 典子 バスケとの出会い~高校時代 こちらから。
【第1回 後編】 濱口 典子 全日本代表チーム時代 こちらから。
【第1回】 濱口 典子 高校生へのメッセージ こちらから。



シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る