2016/12/31

ウインターカップ2016 女子チームインタビュー 【Vol.1】 準優勝 岐阜女子

準優勝 岐阜女子 インタビュー

#4石井 香帆

――残念な結果となってしまいましたが、今の気持ちを教えてください

くやしいのひとことです。やっぱり入り出しの悪さと、オフェンスでミスしたときのディフェンスで守りきる力が足りませんでした。桜花さんはシュートが良く入るので、しっかりハンズアップしてシュートを打たせないこと、走りこんでくるプレイが多いので、そのプレイをチームメイトが研究してくれて、止められるように意識していました。最後は#4馬瓜さんのところで来ると思っていたので、しっかりそこを止める気持ちでやっていました。

――今後の目標は

3年間ディフェンスの大切さを教えてもらったので、大学でもしっかりディフェンスで相手を守りきる力をつけて、チームに貢献したいです。

#5藤田 歩

――試合を振り返ってどんなゲームでしたか

ファウルしてしまったり、ミスが続いてしまったとき、うまくディフェンスができていなかったのが敗因だと思います。強い気持ちでゴールに向かえていた部分もありましたが、40分間はできませんでした。できていないときに相手にやられてしまいました。オフェンスでうまくいかなかったときに、自分たちで我慢しろとコーチからは言われていました。相手の方が、気持ちが1つ上でした。自分の力の無さを感じました。

#6石坂 ひなた

――残念な結果となってしまいましたが、今の気持ちを教えてください

「絶対負けないんだ!」の強い気持ちを持って試合に臨みました。でも試合は負けてしまいました。自分が最後のジャンプシュートとかレイアップを決めていれば、追い付いていける流れだったと思います。前半はシュートを止められることばかり気にしていて、自分のシュートを打てていませんでした。だから後半は自分でシュートを打とうと決めて、思いっきり打ちました。それで3Pシュートを決めることができました。

――今後の目標は

今までは3年生に頼りきりで、3年生が作ってくれたチャンスを決めることしかできませんでした。もっと自分で相手を崩してシュートを打っていきたい。あと、岐阜女子はディフェンスのチームなので、脚を作り直して、つらいときこそディフェンスで勝っていけるようにしたいです。来年は3年生になるので、最後の大事な場面で決めきる選手になっていきたい。


取材・文・写真:一柳英男

決勝戦の試合レポートはこちら。

ウインターカップ2016大会レポートはこちら。

ウインターカップ2016女子結果はこちら。



シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る