2019/05/17

【能代カップ2019】大会レポート&チーム紹介PART1――開志国際、福岡大附大濠、中部大第一編

各自が役割を果たし、早い仕上がりを見せる開志国際

 優勝したのは開志国際。福岡大附属大濠(以下、大濠)と並んで4勝1敗となったが、直接対決の結果、開志国際が優勝を遂げた。

 開志国際はセンターのジョフ・ユセフ(202㎝)が大黒柱となり、司令塔の高木拓海が巧みなゲームコントロールを見せ、板澤明日起が高木とのダブルキャプテンとして、要所の得点やリバウンドでチームを支える。2年生エースで爆発力があるジョーンズ大翔など、昨年のインターハイ初制覇を知る選手が軸となっていることで崩れない強さを見せた。

「3年生たちが自覚を持って引っ張り、留学生のユセフも最終学年になったことで仲間を信頼していることが今年の強み。あとはもう少し使える選手を増やしていくこと」と富樫英樹コーチは今後の展望を語る。

インサイドと司令塔、爆発力あるエース、チームを支える3年生と各自が役割を果たす開志国際は、能代カップでチーム作りの早さを見せつけた。同じく留学生を擁する中部大第一に最終戦で敗れはしたが、全国で上位を狙えるチームであることはこの能代カップで証明した。


開志国際・高木拓海

走れる大型チームで勝負する福岡大附大濠

 昨年、出場権を逃したウインターカップの悔しさをバネに邁進しているのが、今年もタレントが豊富な福岡大附大濠だ。

「昨年はしっかりしたポイントガードが2人いたのでハーフコートで作るスタイルでしたが、今年は走れるチームなのでトランジションでの速さを出したい」と片峯聡太コーチ。また、ディフェンスでもマンツーマンを主体にゾーンを織り交ぜるなど多彩さを見せた。

エースの横地聖真は192㎝の高さを生かしたポイントガードに挑戦中。木林優は2メートルの長身で3ポイントが武器だが、能代カップではインサイドでの得点にも絡むようになった。また、突破力がある間山柊、司令塔の平松克樹ら2年生の成長も著しい。これらをまとめるキャプテン西田公陽の得点力とリバウンドにも期待だ。

こうした選手層の厚さを売りに「対戦相手によって柔軟にスタイルを変えたい」と片峯コーチが語るように、横地がポイントガードの場合もあれば、平松がコントロールすることもある。現時点では司令塔としてボールを持ちすぎる傾向がある横地だが、これも将来性を見据えての育成段階。選手層の厚さをどう生かしていくか。今年も楽しみなチームだ。


福岡大附大濠・木林優

注目のルーキーコンビを加えて先を見据える中部大第一

昨年からの主力である仲宗根弘、深田怜音、バトゥマニ・クリバリら、昨年のインターハイとウインターカップ準優勝を経験した3年生が軸となり、今年も有力チームにあげられる中部大第一。しかし能代カップでは好不調の波があり、3勝2敗。留学生センターを生かした展開ができた時は手ごわいが、大濠や洛南には走る展開で敗れ、明成のゾーンディフェンスには苦戦をしいられた。

波が激しかった理由は、期待の新入生をスタメンで起用し、攻防両面で共通理解を図っている最中だからだ。そのルーキーとは193㎝の福田健人とポイントガードの谷口歩。常田健コーチは「福田と谷口は意欲が見えるからどんどん試合に出して育てたい」と2人をスタメンで起用し、成長を心待ちにしている。能代カップは期待の1年生を加えて試行錯誤の場となった。

最終戦では留学生マッチアップ対決となる開志国際に勝利し、全勝優勝を阻んだ。「能代に来てはじめて自分たちらしいバスケができ、最終戦で勝てたのは大きい。あとは3年生たちがいかに自覚を持つか」と常田コーチは課題をあげ、新しい中部大第一の形が見えてきたところで大会を終えた。


中部大第一・仲宗根弘

写真・文/小永吉陽子


シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る