• 優 勝 大阪薫英女学院
  • 準優勝 大阪桐蔭
  • 3 位 大体大浪商/奈良文化
2017/06/25

2017近畿大会 【女子結果】 薫英が大阪桐蔭に雪辱し優勝

近畿大会女子は、大阪桐蔭vs大阪薫英女学院の大阪決戦となり、府予選で負けている薫英が雪辱を果たし、優勝を遂げた。

ベスト4に勝ち上がったのは、大阪桐蔭、大阪薫英女学院(以下、薫英)、大体大浪商の大阪勢3チームと、地元1位代表の奈良文化だった。大阪桐蔭と大体大浪商の準決勝は、総合力で上回る大阪桐蔭が97-59で大勝した。一方の奈良文化と薫英の準決勝は、薫英が前半を8点リードしたが、第3Qで奈良文化が粘りを見せて48-50と互角の勝負に持ち込んだ。だが、最終クォーターで薫英が地力を見せて73-60と奈良文化を突き放し、決勝へと駒を進めた。

決勝戦は、互いに厳しいディフェンスで守り合いとなる。薫英が先行し、桐蔭が追いかける展開となったが、ロースコアの中で桐蔭の猛攻をしのいで薫英が一歩抜け出し、61-56で逃げ切った。薫英にとっては、新人の府大会、近畿大会のリベンジを果たした優勝となった。


大阪府予選の雪辱を果たして優勝した薫英。ガッツあふれるプレーが持ち味の薫英#5峰晴寿音


大阪桐蔭のセンター#15竹原レイラを厳しくマークする薫英。互いに厳しいディフェンスをしく決勝戦となり、ロースコアの展開となった

◆女子:準決勝/決勝


大阪4位の大体大浪商。上背のなさをスピードでカバーして4強入りしたが、大阪桐蔭には及ばす、59-97で敗退。浪商#7川﨑いずみ


地元の熱い声援を受けて4強入りした奈良文化。準決勝では薫英に60-73で敗退。ドライブからシュートをねらう奈良文化#4前野花帆


◆準々決勝までの勝ち上がり



◆2017インターハイ都道府県予選結果

◆2017ブロック大会 【結果&記事】

◆2017新人戦 近畿ブロック大会【女子結果】

◆「奈良県高体連バスケットボール専門部」サイト

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る