2017/07/19

2017インターハイ 【男子展望】 本命なき夏のハードゲーム<展望1>

本命なき夏のハードゲーム。
勝ち上がるのは
実力チームかジャイアントキリングか

今年も本命なき夏となりそうだ。実力を兼ね備えた伝統校が勝ち上がるのか。それとも、ジャイアントキリングを達成したチームが勢いに乗って駆け上がるのか、注目してみたい。まずは、組み合わせを4ブロックに分け、有力チーム、注目カードを2回に分けて予想してみよう。
<インターハイの組み合わせは下段に掲載>

【左上】
第1シード・福岡第一に対抗するのは
広島皆実か、東海大諏訪、浜松学院か

 昨年、インターハイ、ウインターカップと二冠に輝いた福岡第一(福岡)が優位に立つ。#24松崎裕樹(190㎝)、#6松本礼太(185㎝)らフォワード陣が自慢の足を使ってコートを縦横無尽に駆け回る。昨年、急成長を遂げ、献身的なプレーを見せる#50バム・アンゲイ・ジョナサン(195㎝)に加え、#55ディアラ・イソフ(195㎝)がバックアップセンターとして力をつけてきた。#28井手拓実(175㎝)、シューター#17小野絢喜(175㎝)らバックコート陣の出来が鍵を握っている。春先はケガに泣いたが、ようやく全員がそろい2連覇に向けベクトルを上げてきている。

 これに対抗すると思われるのは、中国大会で19年ぶり3回目の優勝を遂げた広島皆実(広島)。さらには、1回戦の注目カードである東海大付諏訪(長野)と浜松学院(静岡)の勝者か。東海大諏訪は、昨年のウインターカップで開花した#5寺澤大夢(189㎝)の成長とチームディフェンスで勝負する。浜松学院は、内外角をこなす得点源#5ダ・シルバ ヒサシ(187㎝)、ガード#8石川晴道(171㎝)を軸に、一歩も引かないだろう。豊浦(山口)と四日市工業(三重)の勝者も侮れない。不気味な存在なのは、四国を制した高知中央(高知)あたりか。


昨年2冠の福岡第一は、ケガ人がよくやく癒えて本大会に臨む。現在は背番号#24をつけている松崎裕樹


1回戦の東海大付諏訪-浜松学院は注目カード。東海大付諏訪#5寺澤大夢

【左下】
“死のブロック”を勝ち上がるのは?
明成を追う市立船橋、飛龍、桜丘、羽黒、
北陸、土浦日大、北陸学院

 4つのブロックの中で注目チームの多くが集まる“死のブロック”となった。最もハードな戦いが展開されるだろう。中でも昨年、不完全燃焼に終わった明成(宮城)が、今年は頭一つ出ている。#6相原アレクサンダー学(189㎝)と#8八村阿蓮(196㎝)が、二枚看板として急激な成長を見せている。パッシングから#10田中祐也(179㎝)、#12本間紗斗(191㎝)らシューター陣の台頭で攻防のバランスの良さが光る。チームディフェンスに磨きをかけ、スケールが大きくなったのが今年の強みと言えよう。

 対抗馬となるのは枚挙に暇がない。#4保泉遼(181㎝)、#7野崎由之(180㎝)の2枚シューターを要し関東を制した市船橋(千葉)、毎年着実に力をつけてきた飛龍(静岡)。1回戦の注目カードである桜丘(愛知)と、齋藤瑠偉(191㎝)率いる羽黒(山形)の勝者も気になる。桜丘は、2年生シューター#9富永啓生(180㎝)、インサイドは#10ジャイニャ・クル(200㎝)、リトアニアからきた#12ラポラス・ベンツロバス(198㎝)を擁する。

 また、地元・福井育ちのエース#4二上耀(190㎝)をはじめ着実に地力をつけている北陸(福井)、#2大倉颯太(184㎝)を軸に昨年躍進を遂げた北陸学院(石川)はチームスタイルを変えて臨む。また、ケガから完全復帰したエースシューター#4高原晟也(182㎝)率いる土浦日大(茨城)と、ズラリと強豪チームが勢ぞろいしている。どのチームが勝ち上がってきてもおかしくない。2回戦、3回戦でも強豪同士が激突する注目カードが多くなることは必至だ。

<展望2>に続く

文/清水広美
写真/一柳英男、若生悠貴


ディフェンス力が増した明成。チームの軸となる#6相原アレクサンダー学


強豪校が集まった左下ブロック。市立船橋#7野崎由之と正智深谷#4常田耕平











シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る