結果レポート

1回戦

2017 インターハイ 前橋育英(群馬) vs 県立広島皆実 (広島)

前橋育英
(群馬県)
vs 県立広島皆実
(広島県)

60
  • 15 1Q 8
  • 11 2Q 24
  • 14 3Q 25
  • 20 4Q 20
77

【戦評】
両チームの厳しいディフェンスの中、序盤は広島皆実がドライブイン、前橋育英はジャンプシュートなどで両チーム点数を重ねていく。点数が伸びない広島皆実は、堪らずタイムアウトをとるものの流れは変わらず、前橋育英が7点リードして第1P終了。第2P、広島皆実はピックアンドロール、速攻で点数を重ねて追い上げていき、一気に逆転。第3Pに入って前橋育英は外のシュートが決まり出し、点差を縮めていく。しかし、広島皆実も個人技を生かして流れを渡さず、第4Pも勢いのままリードを守った広島皆実が77-60で勝利した。

25得点で攻撃を引っ張った広島皆実#8深渡瀬

両チームトップの26得点で勝利に貢献した広島皆実#5小川

広島皆実(青)の守備に苦戦しながら状況の打開を図った前橋育英#4相川(白)

ルーキーながらスタメンに抜擢された広島皆実#10三谷は高確率で16得点

ドリブル突破からレイアップを狙う前橋育英#7瀧

前橋育英のシュートが入ると、選手に元気を与えようと盛り上げる観客席

苦しい場面でもコートの選手たちを信じる前橋育英ベンチ

チームトップの15得点で攻撃をリードした前橋育英#6大山のリバウンド

文・写真/一柳英男


シェアはこちらから!!

ギャラリー

スライドが追加されていません。

トップへ戻る