結果レポート

準決勝

2017 インターハイ 桜花学園(愛知県) vs 明星学園(東京都)

桜花学園
(愛知県)
vs 明星学園
(東京都)

70
  • 15 1Q 15
  • 18 2Q 13
  • 20 3Q 16
  • 17 4Q 19
63

【戦評】
 桜花学園はハーフコートマンツーマン、明星学園が3-2ゾーンでスタートしたこの一戦は、拮抗した試合となる。序盤、明星のハーフコートオフェンスが機能しリードを奪うが、桜花も#4山本の強気なプレーで加点。その山本が連続して3Pを沈め、15-15で第1Qが終了する。2Qに入ると桜花は#7藤本のミドル、#6出原のゴール下シュートなどで連続得点。守っても明星になかなか得点を許さず、3分過ぎには23-15とリードする。明星もタイムアウトをとって応戦。#12市川の3ポイント、#5安藤のドライブなどで反撃。前半を28-33と桜花に食らいついて終了する。
 第3Qの立ち上がり、明星は#14パレイ、#6栗田がゴール下で連続得点し1点差と迫る。桜花も#4山本と#7藤本の3Pで応戦する。この後、桜花の守りが甘くなったところを明星が#7長埜、#14パレイの連続得点で40-39と逆転。たまらず桜花がタイムアウト。再び桜花は守りを固めて明星に得点を許さない。3Q終盤。桜花はフリースロ-できっちりつなぎ、スティールからのブレークも決まって53-44と桜花がリードを奪う。9点のビハインドを追う明星は、第4Qに入ると#4髙野、#5安藤のガード陣が意地を見せてドライブで加点。さらに1-2-2ゾーンプレスから#6栗田がスティールからの速攻を決めて54-57と詰め寄り、桜花を慌てさせる。残り3分、明星はオールコートプレスで桜花のミスを誘うが、シュートが決まらない。桜花はファウルで得たフリースロ-を確実に決め、70-63で明星を振り切った。敗れたとはいえ、3-2ゾーンを軸に、全員バスケットでしぶとい攻守を見せた明星の健闘を光った一戦だった。


桜花学園#7藤本愛瑚はゴール下、ミドルと活躍。苦しい場面で踏ん張り、24得点を叩き出して勝利に貢献

8得点、9リバウンド!さらに数字に表れない仕事をした桜花学園#6出原菜月

ディフェンスでチームに貢献した桜花学園2年の#9坂本雅

明星学園のエース#5安藤舞香。162㎝ながらパワフルなドライブで、何度も桜花のディフェンスを切り裂き、15得点をマーク

明星学園#14パレイのりこは、パワーにあふれたゴール下シュートで11得点。インサイドの強さを印象付けた

明星学園#11児玉のジャンプシュート

桜花学園と明星学園の互いのプライドがぶつかりあったルーズボール

前から当たるプレッシャーディフェンスで流れを作った明星学園#12市川陽菜

ドライブ、ジャンプショット、アシストと活躍した明星学園#6栗田有子。3本のスティールでもチームに貢献



12得点をあげ、王者を苦しめた明星学園#7長埜美柚


ドライブ、ジャンプショット、アシストと活躍した明星学園#6栗田有子。3本のスティールでもチームに貢献

写真/


シェアはこちらから!!

ギャラリー

スライドが追加されていません。

トップへ戻る