結果レポート

2回戦

2017 インターハイ 福岡大学附属若葉(福岡県) vs 埼玉栄(埼玉県)

福岡大学附属若葉
(福岡県)
vs 埼玉栄
(埼玉県)

59
  • 12 1Q 18
  • 15 2Q 16
  • 13 3Q 13
  • 19 4Q 11
58

【戦評】
両チームともハーフコートマンツーマンでゲーム開始。埼玉栄が粘り強いディフェンスからシュートを決め、6点リードで第1P終了。第2P、福大若葉は素早いボール運びからの連続得点でリードを広げさせず、27-34で終了する。第3P、福大若葉が一時34-34の同点とするも、40-47で終了する。第4P、逆転につぐ逆転が続き、残り1分で福大若葉がリードを握る。緊迫した展開が続き、最後は福大若葉が守りきりゲームセット。


自らの得点はなかったものの、リバウンド・アシストでチームに大きく貢献した矢部鈴奈(埼玉栄#5/157cm/3年)


5本のオフェンスリバウンドを含む12リバウントを記録し、11得点もあげダブルダブルを達成した曽我部希子(福大若葉#15/178cm/3年)


高いシュート確率で15得点を決めた嘉数 唯(福大若葉#5/176cm/3年)


タイムアウトで目(さっか)由紀宏コーチとゲームプランを確認する埼玉栄の選手


苦しいときもチーム全員で同じ方向を向き戦う埼玉栄

写真/若生悠貴


シェアはこちらから!!

ギャラリー

スライドが追加されていません。

トップへ戻る