2017/12/26

ウインターカップ2017【湯沢翔北】ベスト8を目指して変えること、変わらないこと

■12/25 女子3回戦 大阪桐蔭94-60県立湯沢翔北■

 7年連続7回目の出場と、ウインターカップの常連チームになりつつある湯沢翔北(秋田)だが、どうしても超えられない壁がある。「ベスト8」への壁だ。上位進出を意味するそのベスト8に対して、湯沢翔北・樋渡真コーチはこう目を向ける。

「試合で負けたくないという以前に、トップレベルに近いバスケットボールができるチームになりたい。今日(3回戦で)戦ったチームと同じレベルのバスケットボールをする仲間に入りたい。そういう意味でベスト8への思いは強いです」

 ベスト8に進出するためには3回戦を突破しなくてはならないが、今大会、湯沢翔北の前にまさしく壁となって立ちはだかったのが、アンダーカテゴリー日本代表のセンター#15竹原レイラ(185㎝)を擁する大阪桐蔭(大阪)である。

 前半、湯沢翔北はメンバーを小刻みに変えながら粘り強いディフェンスを継続して食らいついた。「主力のけがに苦しんだ1年だったが、その分他の選手も出場できてチームの底上げが図られた」(樋渡コーチ)という。

 だが、3クォーターは大阪桐蔭#15竹原を3人がかりでも止められず、トータル32得点を許してしまう。攻撃面でも大阪桐蔭のディフェンスを崩しきれず、3クォーターは難しい体勢からのシュートによる4得点のみに終わった。樋渡コーチが言う。

「(背の)高さだけではありません。球際の戦い(平面のボールの奪い合い)でも相手が勝っていることが気になりました。3クォーターの攻撃も、相手のマークをずらすのにタフな(強い)気持ちになっていない。だからタフ(難しい)ショットになってしまったのです。日頃やっていることを選手たちは表現しようとしてくれたが、その基準を見直さないといけない」

 高校トップレベルの速さ、強さ、スキルの高さを体感したことで、チームとしての基準は変わる。一方で変わらないのがこれだ。

「Hang on there!」

 すなわち「しがみついて離さない」を意味するチームスローガンである。「まさに球際を頑張って離さないこと」に加えて、そこには樋渡コーチの思いが込められている。

「個々として、チームとして全国のトップレベルのバスケットボールを追求し続ける」

 このスローガンを再度、胸に刻んで、次こそベスト8!

取材・文/渡辺淳二 写真/若生悠貴


シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る