2017/12/30

ウインターカップ2017【男子決勝】福岡大附大濠の猛追及ばず、明成が2年ぶり5回目の優勝

■12/29 男子決勝 福岡大附大濠 72-79明成■

 今夏のインターハイと同じカードとなった男子決勝、福岡大附大濠(福岡)と明成(宮城)の決勝は、明成がインターハイのリベンジを果たし、2年ぶり5回目の優勝を飾った。

 試合開始早々、明成#8八村阿蓮(196cm)が福岡大附大濠のセンター#15井上宗一郎(200㎝)をアウトサイドに引き出し、3Pシュートで先制。

「1度、3Pシュートを決めると相手が寄ってくる(次のプレーがしやすくなる)ので大きいプレーでした」と明成#8八村。一方、#8八村とマッチアップしていた#15井上宗一郎は「(#15八村)がインサイドで勝負してこないのはわかっていたのに、3Pを打たれたのは甘かったです」と振り返る。

 その後も#8八村がミドルシュートを確実に決めて得点を重ね、ディフェンスが前に出てくればドライブで得点を量産(32得点、14リバウンド)。さらに明成は2年生シューター#10田中裕也が3Pシュートを連発し、福岡大附大濠を突き放していく。5本の3Pを含む24得点をあげた#10田中が言う。

「阿蓮さん(#8八村)や塚本さん(#5舞生)」がカッティングする(ゴール方向に走り込む)ことで僕がノーマークになる。相手のディフェンスはマンツーマンからゾーンに変わりましたが、(シュートを打てる)間があると感じたので、タイミングが合えば積極的に打とうと思いました」

 後半開始早々、フィールドゴール(フリースロー以外の得点)をなかなかあげられない福岡大附大濠は、明成#8八村の連続得点でその差を20点に広げられてタイムアウト。ここからゲームが大きく動き出す。前半大当たりだった#10田中にボールが回らない…。

「ゾーンディフェンスの前の選手がかなり距離をつめてきていると感じた」という#10田中。逆に福岡大附大濠は、途中出場の2年生#12土家大輝の3Pシュートで追撃態勢に入る(4本の3Pシュートを含む14得点)。さらに#13中田嵩基も準決勝に続き、3クォーター終了間際のブザービーターなどでその差を9点にまで縮めるのだ(3P6本を含む19得点)。

「3クォーターが終わる時に10点以内、残り5分で7点から5点でついけと声を掛けていた」と明かす福岡大附大濠・片峯聡太コーチ。明成を射程圏にとらえた福岡大附大濠は#14横地聖真がミドルレンジから難しいシュートを立て続けに沈めるなど猛追し、残り3分のところで3点差まで詰め寄った。しかし福岡大附大濠のシュートミスに乗じて明成#5塚本舞生が速攻を展開し、#10田中のランニングプレーにつなげて勝利を引き寄せたのだ。

「詰めが甘かった」と悔やむ福岡大附大濠の司令塔#13中田。「最後もう一つのところで逆転しきれなかったのは采配のところです」と選手をかばう片峯コーチ。対する明成の佐藤久夫コーチは、優勝の喜びをこう表現した。

「今日、試合会場に着いた時、このいっぱいのお客様が途中で帰らない、いいゲームで終わりたいという気持ちで臨みました。強い結び付きを持って大会に臨み、このような結果を出せたのは指導者冥利に尽きます。選手たちに深く、深く感謝したい」

 そして、明成#8八村阿蓮は、2014年ウインターカップで2連覇を遂げ現在アメリカの名門・ゴンザガ大で活躍する兄・八村塁にその声を届けるかのように――。

「塁に一歩近づいたと思います」

■「男子ファイナルを制した明成の強さに迫る」につづく

取材・文/渡辺淳二 写真/一柳英男


シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る