2017/12/30

ウインターカップ2017【男子決勝】男子ファイナルを制した明成の強さに迫る

■12/29 男子決勝 福岡大附大濠 72-79明成■

 明成(宮城)が2年ぶり5回目の優勝を飾った男子ファイナル。決勝直後の記者会見で福岡大附大濠の片峯聡太コーチは明成のディフェンスについて、次のように分析していた。

「インターハイの時は、明成のゾーンディフェンスに対してドライブでアタックできました。しかし今回はドライプに対してシャットアウトしてきた(2人でコースをふさいできました)。そして(福岡大附大濠の)#13中田(嵩基)に対するプレッシャーが強かった。それによってインサイドの#15井上(宗一郎)がボールを触る回数が少なくなっていたので、いつもどおりのリズムではなかった、という印象を受けました」

 明成は準決勝の帝京長岡との試合でも、ポイントガードの#8祝(ほうり)俊成にボールマン・プレッシャーをかけ、インサイドの留学生選手とのラインを寸断してリズムを崩した。福岡大附大濠の#13中田嵩基は「僕からインサイドへのパスコースは3人に止められていました。他のところにパスをさばいて(アングルを変えて)入れたかったのですが、明成が上手でした」とコメントしている。

 さらに片峯コーチがこう続けた。

「うちのディフェンスに対しての攻撃はシンプルですが、ファンダメンタルがしっかりしていて守りづらかった。(明成は)攻めづらく、守りづらいチームということ。そしてここぞというところでの基本と集中力。(大事な場面での)ターンオーバーを見てもわかるように、練習での私の鍛え方が佐藤コーチに至らないことが改めて痛感させられました」


 とはいえ、インターハイでは1点差で明成を下し、タイトルを奪取した福岡大附大濠。明成はそのインターハイの悔しさを無駄にせず、成長してきたようだ。

「昨年のウインターカップで1回戦負け。その負けを無駄にできなかった。インターハイでも1点差で負け、負けたことより自分たちが練習でやってきたことができなかった」(#5塚本舞生)

「インターハイでは自分がフリースローを外して負けてしまい、ウインターカップでは練習でやってきたことを出し切ろう、と臨みました」(#6相原アレクサンダー学)

「試合で自分たちの力を出せるように、雰囲気作りだとか、勝つぞという気持ちを練習から出すようにしたんです」(#8八村阿蓮)

 大会前、選手たちに対して明成・佐藤コーチは3つのテーマを掲げた。

・落ち着いてプレーすること
・相手チームを怖がらないこと
・自分のプレーに、自分のポジションに責任を持ち、最後までプレーを続けること

 こうしたチームルールが体現されている手応えを佐藤コーチは、3回戦の洛南戦で感じた。主力選手がファウルトラブルで苦しい時間帯が長く続いている状況下で、「戦い上手になっている印象を持った」という。そんな選手を信頼していることをうかがわせるコメントを決勝直後にもこのように残した。

「私が考えていた以上に落ち着いて、話しながらゲームを作ることによって自分たちのバスケットを展開することができました。決勝で追い上げられ、点数が縮まっている時、タイムアウトを取ろうとも考えました。でもあえて取らなかったのは、自分たちで戦おうとしている選手たちの姿勢を信じたからです」

■「ウインターカップ・アナザ・ストーリー」につづく

■「福岡大附大濠の猛追及ばず、明成が2年ぶり5回目の優勝」はこちら

取材・文/渡辺淳二 写真/一柳英男


シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る