2018/12/29

【速報】圧倒的強さを見せた福岡第一が2年ぶりに冬のチャンピオン!

◆12/29 男子決勝 福岡第一 85-42 中部大学第一

インターハイでは初戦敗退の屈辱を味わった福岡第一と、そのインターハイでは準優勝、ウインターカップでは初優勝を目指す中部大学第一が冬の王座をかけて対戦。

序盤はお互いに堅さが見られなかなかシュートが決まらないものの、4分を過ぎた頃から徐々に福岡第一がリズムをつかみ、素早い攻守の切り替えから得点を積み重ねていく。一方の中部大学第一も、13-4と7点ビハインドとなったところでタイムアウトを取って落ち着きを取り戻し、センターの#15 バトゥマニ クリバリにボールを集めて応戦。第1クォーターは16-12で福岡第一のリードで終了した。

第2クォーターもお互い譲らない展開が続いたが、5分を経過したあたりから福岡第一は#24 松崎裕樹、#46小川麻斗の3ポイントシュート、さらに2人の留学生の高さを生かした攻撃で突き放し、39-21と18点差にリードを広げて前半を終えた。

後半に入っても福岡第一の勢いは止まらない。焦りからミスが続く中部大学第一に対して持ち味の走力を生かした速攻でゴールを量産。第3クォーター終了時点で、ついに差は31点まで広がってしまう。第4クォーターに入っても得点を積み重ね、85-42とダブルスコアの差をつける圧倒的強さを見せた福岡第一が、2年ぶりのウインターカップチャンピオンとなった。


シェアはこちらから!!

新着記事

高校バスケ特集企画

トップへ戻る