高校バスケPRESSスペシャルインタビュー【 #ウインターカップ に向けて】

 


今回はウインターカップに向けて、 西嶋選手 (九州学院高校出身・写真左)、畠山選手 (市立船橋高校出身・写真中央)、伊勢谷選手 (開志国際高校出身・写真右)にインタビューを実施!

試合前モチベーションを高めるためにやっていることや母校の注目選手などを訊いてみました。



【高校バスケPRESS】本日はお集まり頂き、ありがとうございます!今年もウインターカップが12 月 23 日(土・祝)から29 日(金)までの7日間、東京体育館で行われます。本日は皆さんにウインターカップの思い出をお聞きしたいと思います。早速になりますが、試合前にモチベーションを高めるためにやっていたことや験担ぎはありましたか?


【畠山】1年の畠山功です。 市立船橋高校出身です。僕がやることはいつも一緒で、TwitterやYouTubeでNBAの動画をひたすら見て、モチベーションを高めていました。験担ぎは特にないですね。

【西嶋】1年の西嶋駿輝です。九州学院高校出身です。自分は、毎回音楽を聴いていますね。験担ぎは、肉をたくさん食べることです!

【伊勢谷】伊勢谷知史です。チームのモチベーションビデオがあるので、そのモチベーションビデオを見ますね。僕はカツカレーです!


【高校バスケPRESS】チームのモチベーションビデオがあったりするのですね。畠山選手は、ウィンターカップ前の暴露話があると聞きましたが、それは何でしょうか?

【畠山】課題で感想文があったのですが、手を抜いてしまい、ウインターカップという全国の舞台直前に丸坊主になってしまいました(笑)




【高校バスケPRESS】ウインターカップに出場される高校生の皆さん、大会前でも課題はしっかりやっておいた方が良さそうです(笑)ウインターカップで今でも印象に残っている選手はいますか?

【畠山】重富兄弟。本当にバケモノだった。

【西嶋】当時帝京長岡だった遠藤善はすごかった。

【伊勢谷】僕も遠藤善のプレーはすごく印象深く残っている。


【高校バスケPRESS】母校で注目している選手はいますか?

【畠山】保泉、野崎、庄司だね。今年は、組み合わせが厳しいので、速攻武器に頑張ってください!

【西嶋】山下寛太。一戦一戦全力で頑張って欲しいです。

【伊勢谷】開志国際は、今年ウインターカップに出れないけれど、小栗瑛哉は良い選手。後輩たち、来年は全国出場できるようにがんばれ!


【高校バスケPRESS】皆さん今日はお忙しいところ、ありがとうございました!ウインターカップに出場する選手の皆さん、悔いが残らぬよう、ウインターカップまでの残りの日々も全力で頑張ってください!応援しています!

 

トップへ戻る